Toasterr

Navigate back to the homepage

What if We Always Ask Ourselves “What if?”問いかけという道具

Sentaro
November 2nd, 2020

僕はいま、3人の甥っ子姪っ子がいる。 最年長は2歳の甥で、あうたびに彼の言葉のコレクションが増えており、少しづつ会話のキャッチボールができるようになってきた。そんな彼が最近ハマっている言葉がある。それは「これなに?」だ。最初その質問を彼の口から聞いた時、僕はとても嬉しくなった。彼の成長に喜びを感じると共に、彼とのキャッチボールの時間が増えると思ったからだ。しかし、その喜びはすぐに蒸発する。目に入ってくるものすべてが新鮮な彼にとって、言ってしまえば、この世界のすべてが「これなに?」なのだ。つまり、「これなに?」と言う質問に終わりはなく、質問の回数が重なるごとに、喜びが疲労に変わり、帰る頃には会話のキャッチボールだけで疲れ果ててしまう。だが、彼の底知れない好奇心に感心させられると同時に、自分の問う習慣についても考えさせられた。

(うる覚えだが)質問をする行為は、5歳あたりをピークにどんどん減っていくという話を聞いたことがある。質問よりも答えを重視することが多い学校という環境を経て大人になるにつれて、多くの人は身の回りで起きていることについて基本的な質問をする習慣がなくなってしまう。質問をすることで無知が露呈したり、相手に迷惑をかけるのではないかと心配する人もいる。しかし、子供がするような質問が、時には何らかのヒントを与えてくれることもある。インスタントカメラの「ポラロイド」はその一つの例だろう。写真を撮影して、すぐに現像できるこのカメラは、発明者であるエドウィン・ハーバード・ランドの当時3歳の娘の「どうして撮影した写真がその場でみれないの?」という質問から生まれたのだ。

質問という文脈で調べていると、『問いのデザイン』の著者である安斎勇樹氏の note を見つける。この記事の中で安斎氏は、「質問」「発問」「問い」それぞれの違いについて次のように整理している。

「質問」は、「知らない人」が「知っている人」に対して情報を引き出すための手段であり、「発問」は、教師が生徒に向かって投げかける問いかけや課題のようなもので、「知っている人」が「知らない人」に問いを投げかけ、答えに到達させるための手段である。そして、「問い」とは、対話に取り組む時点では「誰も答えを知らない」、つまり、対話を通して答えを探りあてていく、創造的な対話を促進させるためのトリガーとして位置付いている。

デザインに関する書籍や記事を読んでいると、「How might we…?(どうすれば…できるか?)」や「What if…?(もしも…ならどうなるか?)」と言うフレーズをよく目にする。これらのフレーズは先に述べた安斎氏が言うところの「問い」として用いられており、問いかけの形式になっていることが、その余白を埋めようとする思考の働きを促し、具体的なアクションを起こりやすくさせる。戦略デザインファームBIOTOPE代表の佐宗邦威氏は、アプローチに応じたこれらの問いかけ設定の重要性を説いている

何か具体的な問題を起点にして、その解決を目指すイシュー・ドリブンな取り組みにおいては、「どうすれば……できるか?」(HOW−MIGHT−WE型)という問いかけを立てることによって、「マイナスをゼロに引き上げようとするドライブ」が生まれる。 他方、妄想を起点にした考え方の場合、問いかけは「もしも……ならどうなるか?」(WHAT−IF型)というかたちをとる。前者と対比するなら、こちらは「ゼロからプラスに引き上げる駆動力」だと言えるだろう。

佐宗氏は「What if…?」という問いを「そのビジョンを実現するには何が必要か?」ではなく、「ビジョンが実現したら何が起こるか?」といった、より大きな未来を考えるためのビジョン・ドリブンなアプローチとしてとして位置付けている。この「What if…?」の使用例として、植物由来の人工肉を製造・開発する食品テクノロジー企業 Beyond Meat と家具や生活雑貨を製造・販売する IKEA が制作した動画広告がある。

What if All We Go Beyond? - Beyond Meat
What if? - IKEA

ブランドにとって、「What If…?」という問いかけは容易く使えるようなものではない。この問いかけをするということは、ブランドが掲げるビジョンの実現のためにフルコミットするという決意表明になる。そのビジョンの響きがよいものであれば、多くのファンを獲得することができるだろうが、ほんの少しでもそのビジョンに矛盾することがあれば、一瞬にして信頼を失ってしまう。それゆえに、ブランドがこのパワフルな問いを使うには揺るがない覚悟が必要となる。

このような問いは、問う側・問われる側それぞれに想像する力を求めると同時に、身の回りのあたりまえを見つめ直す機会を与えてくれる。あたりまえの中にいると、そのあたりまえに気づくことは難しい。加えて、ものごとをゼロから考えることは簡単なことでない。だからこそ、思考の補助線を引いてくれる問いかけという道具は心強い。 世の中の様々なあたりまえが劇的に変わっていこうとしている現代で、子供のような世界に対する新鮮な眼差しをもつことはとても大切なのだと思う。2歳の甥っ子から、そんなことを学んだ週末だった。


📽The Movies We Watched

最高に素晴らしいこと

心にそれぞれ痛みを抱える2人の高校生が、州内の名所をめぐる学校の課題に取り組む中で、癒やしに満ちた時間をともに過ごし、深いきずなで結ばれていく、青春・恋愛ドラマ。小説「僕の心がずっと求めていた最高に素晴らしいこと」が原作になっている。 主演のエル・ファニングは、『20センチュリー・ウーマン』をみてから注目している女優で、今回の作品をみてもっと好きになりました😊

HAIRSPRAY

1962年、人種差別の風潮が根強く残るアメリカ合衆国ボルチモア(メリーランド州)に住むトレイシー(ニッキー・ブロンスキー)は、歌とダンスが好きな明るい性格の高校生。ティーンに人気なテレビ番組『コーニー・コリンズ・ショー』に出演するという夢をもちながら、その過程で周りの価値観も変えていく。ハッピーな要素のなかに、社会問題も散りばめられているミュージカル映画。 人種差別の問題だけではなく、ルッキズムやエイジズムなどの偏見をも乗り越えていくシーンが映画には含まれています。歌・ダンスともに素晴らしくて、観ていて元気をもらう作品です👏

Subscribe Newsletter

Toasterr チームで訪れた場所や手づくり料理の写真、秋冬に開催する料理イベント(沖縄)のお知らせなど、気まぐれなペースでニュースレターを配信しています。

More articles from Toasterr

Social Change

大好きなポッドキャスト『Lobsterr FM』のvol.05のなかで、佐々木さんが語っていたこと「人口推移と社会変化の関係」が、今でも心

October 19th

Live, Not Just Survive

最近聴いた TAKRAM RADIO で、話し手の渡邉康太郎氏が、歌人の穂村弘氏の言葉を引用しながら、「生きのびること」と「生きること」の違いについて語っていた。「生きのびること」とは、ご飯を食べる、睡眠をとる、お金を稼ぐ、といった万人にとって明確で有益なこと、要するに、「役に立つこと」を意味する。

October 5th
©︎ 2021 Toasterr
Link to $https://unsplash.com/@toasterrLink to $https://open.spotify.com/user/316r4hps5x6ptmytlgfmcbyaz2veSend Email